映画ごときで人生は変わらない

感想と考察が入り混じる映画レビューブログ。うっすらネタバレあり。週1〜2回更新中!

90分以上〜120分未満

【ボブという名の猫2 幸せのギフト】感想/お年を召したボブもまた可愛い!!

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」の続編。ボブは変わらずご本人(猫)が演じています。ちょっと年を取った感じがまた可愛い!

【ロブスター】感想(ネタバレあり!)と解釈/それでもあなたは人間でいたいですか?

「哀れなるものたち」も絶賛上映中のヨルゴス・ランティモス監督作品。難解なのはギリシャのせいなのか…?!ともかく観てみた感想レビュー

【“それ”がいる森】感想と評価/初めて倍速視聴したくなった記念すべき一本!

“それ”はいったい何なのか?!正体を知るまでは夜も眠れないッ!タイトルの良さに惹かれて観てみましたが…。

【ヴァチカンのエクソシスト】感想(ネタバレあり)と評価/黒歴史を暴露する悪魔の恐怖を体験せよ!

2023年のエクソシストを50年前の元祖エクソシストと比較したレビュー。面白さはどっちも変わらない!その理由とは?

【ミーガン】感想(ネタバレあり!)と評価/怖くないけど面白い!AI人形は不気味の谷底で笑う

2023年のヒットホラー「ミーガン」レビュー。ホラー苦手な方にもおすすめできる王道の面白さです!

【レザボア・ドックス】ネタバレ感想/ライク・ア・ヴァージンと教養について考えた

タランティーノ監督の出世作にして世界を揺るがした大傑作!冒頭の意味のない会話があとからジワジワ効いてくる?!レビュー

【やまぶき】感想/社会問題を提起しつつ面白い!地方発インディーズ映画

東京国際映画祭で上映の2022年作品「やまぶき」。第30回カンヌ国際映画祭 ACID部門 日本映画史上初の選出など海外でも注目の作品レビュー

【ゴジラvsコング】感想/日米の怪獣観の違いと小栗旬の白目の件

2021年の「ゴジラvsコング」。カメラワークから見える日米の「怪獣観」の違いと、小栗旬の扱いが雑過ぎないか?という話。

【台風クラブ】感想(ネタバレほぼなし)/30年前には見えなかったモノの正体

第1回東京国際映画祭ヤングシネマコンペ部門グランプリ。相米慎二が国際的に評価されるきっかけとなった作品レビュー。30年前の感想と今観た感想の比較

【白鍵と黒鍵の間に】感想と考察(ネタバレほぼなし)/夜の銀座は時空が歪む?!青春ジャズ映画の良作!

池松壮亮主演、実在ジャズピアニストのエッセイが原作。1988年の銀座で「『あの曲』を弾いてしまった博は…。全編を彩る音楽、森田剛、高橋和也ら役者陣がとても良い!

【勝手にしやがれ】感想/死に様とは生き様である。

ジャン=リュック・ゴダールが亡くなってから1年あまり。あの時の衝撃と真っ先に思い浮かべた 映画「勝手にしやがれ」について。レビューのようなもの。

【ジョン・ウィック】と【ベイビーわるきゅーれ】感想/接近戦で銃口は下を向く

久々にガンアクション映画を観たらだいぶ変わってた!ってなことを書きました。レビュー

【岸辺露伴ルーヴルへ行く】感想と評価(ネタバレなし)/「皆様のNHK」の限界を見た?!

ジョジョのスピンオフ漫画の実写版!大人気のNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」の映画化。相変わらず高橋一生は素晴らしいのだけど…残念な点も。レビュー

【ロスト・イン・トランスレーション】考察/20年経って気づいた疎外感の正体

東京駅で一人でラーメンを食べていたら突然「ロスト・イン・トランスレーション」のことを思い出し、あの時のボブ(ビル・マーレイ)の心象に気づくなど。

【熊は、いない】感想と疑問点/熊を恐れず進むその先は

国に禁じられてもなお映画を撮り発表し続けているイランの名匠・ジャファル・パナヒ監督最新作。果たして「熊」とは何なのか?レビュー

【寝ても覚めても】ネタバレ解釈/唐田えりか演じる朝子にムカっ腹!だけど…?

第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品された濱口竜介監督作品。唐田えりか&東出昌大主演。唐田氏が演じる朝子への悪口がメインのレビューです

【ゴーストバスターズ(2016年版)】感想と評価/本家を超える面白さに爆笑!その理由とは?!

一般的には低評価らしい2016年版「ゴーストバスターズ」ですがとっても笑えて面白かった!その理由を考えて見ました。ネタバレなしレビュー

【カリスマ】ネタバレ感想と考察/理解不能にはワケがある

黒沢清監督作品の中でも特に難解とされる一本。「カリスマ」と呼ばれる一本の木を巡る人々の攻防は何を意味しているのか…?

【バービー】感想と評価/例の炎上と共に語らざるを得ない内容でした…

夢のような毎日が続くバービーランドを飛び出して現実世界に行ってみたら…?!話題の大作観てきました。内容的にあの炎上に触れざるを得ない‥レビューです。

【プロミシング・ヤング・ウーマン】ネタバレ感想と考察/観客を「当事者」にする3つの巧みな仕掛け

「前途ある若い女性」という意味のタイトル。亡くなった親友の復讐に生きるキャシーの物語。観客はどうして当事者性を感じてしまうのか?!レビュー

【乾いた花】感想と考察(ネタバレあり)/スコセッシも絶賛のフィルムノワール傑作!

あのスコセッシが愛するあまりフィルムを買い取ったという逸話も!松竹ヌーヴェルバーグと呼ばれるクライム作品レビュー。原作・石原慎太郎、監督・篠田正浩、音楽・武満徹、出演・池部良、加賀まりこ

【素直な悪女】あらすじと解釈/ブリジット・バルドーが魅せる女の欲情と悲しみ

ブリジット・バルドーの魅力が炸裂!女の欲情とアンビバレントな「愛され願望」の切なさを真正面から描いた作品のレビュー。監督は当時のB.Bの夫ロジェ・ヴァディム

【男たちの挽歌】感想/雑でシビれる!力を込めておすすめ!香港ノワールの傑作

あまりにも有名な香港ノワールの傑作にしてジョン・ウーの出世作!雑だから良い?!シンの気持ちになってみると見えてくるのものとは?レビュー

【キャビン】評価・感想と解説(ネタバレあり!)/メタの先にあるものは?

「あなたの想像力なんてたかが知れている」がキャッチコピーのホラー作品。本当に面白かったのは「想像できない展開」よりも…?!レビュー。

【スリー・ビルボード】ネタバレなし感想と考察/展開とキャラ変がすごい!人間を描いた名作

ミズーリ州の田舎町を貫く道路に並ぶ、3枚の広告看板。そこに地元警察への批判メッセージを掲げたのは何者かに娘を殺されたミルドレッド。その看板は町中から批判を浴びて…ストーリーの展開、人間の描き方、とにかく脚本がすごい!

【メランコリック】評価と感想/初期衝動にギュッと胸を掴まれる青春映画

東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門・監督賞受賞。300万円という低予算で作られたスリラーコメディ。東大を卒業したもののうだつの上がらぬ生活をしている和彦。バイト先の銭湯が「人を殺す場所」として貸し出されていたことを知り…。

【逃げきれた夢】評価と感想/あなたもきっと好きになる!究極の光石研ファンムービー?!

記憶が薄れていく症状に見舞われた高校の教頭先生、末永周平(光石研)。これまで適当にしていた人間関係を見つめ直そうとするが…。舞台は光石研氏の故郷、北九州市。光石研ファンによる光石研ファンのためのファンムービー?!誰もが思い当たってチクっとする…

【紳士は金髪がお好き】解説と感想/可愛さに癒されたいならこの一本!

マリリン・モンローがとにかくかわいいコメディミュージカル。ピンクのドレスのマリリンが「ダイヤモンドは女の親友」を歌い踊るシーンは必見!あのマドンナにも影響を与えています。

【オールド】評価とネタバレなし感想/シャマラン節が炸裂…してないぞ?!

「シックスセンス」で世界の度肝を抜いたM・ナイト・シャマラン作品。時間の流れが早いビーチに閉じ込められた一家。そこでは1日で一生が過ぎてしまう。いったいなぜ?!シャマラン節が炸裂しているような…いないような…な正直レビュー

【サンキュー・スモーキング】感想/詭弁と論破に疲れた人へ。シャレの効いたブラックコメディ

アーロン・エッカート主演のブラックコメディ。タバコのイメージアップを図るPRマンニックは映画を使ってタバコのイメージアップを図る“スモーキング・ハリウッド作戦”の指揮を任されるが…。