映画ごときで人生は変わらない

映画大好き中年主婦KYOROKOの感想と考察が入り混じるレビュー。うっすらネタバレあり。週1〜2回更新中!

90分未満

黒沢清作品【Chime】ファンなら絶対買い!取り急ぎの感想【映画周辺の雑記】

新しい仕組みで映像作品を販売する会社「ロードステッド」から買ってしまいました黒沢清作品「Chime」。

【伝説巨神イデオン接触篇/発動篇】感想/無知すぎる中年が観た「基本のアニメ」

アニメをほとんど知らないおばさんが「これを見れば基本が分かる!」と勧められた「イデオン」を観てみました。

【宮松と山下】感想(ちょいネタバレあり!)と考察/「この世は舞台。…」シェイクスピアのあの名言を映像化!?

「新しい手法が生む新しい映像体験」を標榜する監督ユニット「5月」の作品。85分という短さの中に「映像作品ならではの面白さ」が詰まったサスペンス!香川照之、津田寛治、尾身としのりら役者人も素晴らしい!

【MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない】と【リバー、流れないでよ】2つのタイムループもの感想(ネタバレなし!)

90分以内という短さ、狭い世界が舞台、そして「ループの原因が分かったぞ!」からのどんでん返し!ちょっと似てる作品のそれぞれをレビュー。

【逃げた女】ホン・サンス初体験者の感想/常識人に潜む闇

初めてのホン・サンス体験!予想以上のススリングな対話劇と、癖になる「ヘンな」ズーム!「逃げた女」レビュー

【柄本家のゴドー】感想/柄本明と佑&時生の舞台ができるまで。結局一番楽しんでるのは親父?!

演出・柄本明、出演・柄本佑&時生。2017年の舞台「ゴドーを待ちながら」ができるまでのドキュメンタリー。レビュー

【蜘蛛の瞳】ネタバレ感想と考察的なもの/情熱と虚無のあいだに

「蛇の道」で復讐を果たした新島(哀川翔)が主人公となる作品。「復讐の鬼」がその復讐を終えたらどうなるのか?虚無へと向かう道のりを描いた作品のレビュー。かなり怖いホラーシーンもあり。

【蛇の道】ネタバレ感想と解説的なもの/蛇だけに「低体温イヤミス」と名付けたい(追記あり)

1997年「CURE」と同じ年に元はVシネとして作られた黒沢清監督作品。娘を殺され、復讐に燃える男に香川照之。それに協力する謎の男、哀川翔。イヤミスの走りといえそうな胸糞ラストに言葉を失う…

【ドレミファ娘の血は騒ぐ】感想/伊丹エロ教授が脳裏に焼き付く怪作!

1985年 黒沢清監督の長編2作目。洞口依子・伊丹十三出演。日活ロマンポルノとして制作したものの納品拒否され、絡みシーンを大幅にカット、再編集された問題作。初期の名作との呼び名も高い。

【もらとりあむタマ子】感想(ネタバレほぼなし!)/前田敦子という役者のこと

前田敦子×山下敦弘監督の爽やかコメディ。実家に寄生してだらだらと過ごすタマ子の日常はほんの少しづつ変わっていく。「苦役列車」で気づいた前田敦子のすごさについて

【滝を見にいく】感想と解説/キャスティングに秘密あり!ほんわかおばちゃんズムービー

「幻の滝を見にいくバスツアー」に別々に参加した7人のおばちゃんたちが山で迷い、一晩を山中で過ごす。メインキャストは俳優ではない、オーディションで選ばれた素人さん!だからこそのリアリティが胸を打つ

【マイ・ブロークン・マリコ】評価とネタバレ感想/原作漫画にあって映画にないもの

同名短編漫画の映画化。主演の永野芽郁のヤンキーっぷりは良いが…。原作との比較レビュー

【キャリア・ガールズ】感想/生きていくわたしたちの物語

キャリア・ガールズ [DVD] 基本情報 あらすじ 感想 人生変わった度 基本情報 公開年:1997年 監督:マイク・リー(他監督作品:秘密と嘘 人生は時々、晴れ) キャスト: カトリン・カートリッジ(ハンナ) リンダ・ステッドマン(アニー) 上映時間:87分 あ…

【狂った果実】ネタバレあり感想/時代を超えるお洒落とは?

基本情報 あらすじ 見どころ4つ ①裕次郎がカッコいい。 ②説明的でないからおしゃれに見える?! ③古くならない「テンポの速さ」 ④ラストシーン(ちょっとネタバレ) 人生変わった度 基本情報 公開年:1956年 監督:中平康(他作品に「月曜日のユカ」※下にリ…