映画ごときで人生は変わらない

感想と考察が入り混じる映画レビューブログ。うっすらネタバレあり。週1〜2回更新中!

今年もっともアクセスを集めた作品は?!/映画ブログ1年やってみて【映画周辺の雑記】

1年目の収益と感想

2023年ももう終わりですよ!はっや!

このブログを始めたのは2023年1月14日。今どきブログなんぞ、しかも映画ブログは収益が出ないとあちこちで読みましたが、まあ好きな映画について好きなことを書いてちょっと収入になればいいな程度でスタートさせてまもなく一年になろうとしています。収益のことをいえば、この「はてなプロ」にかかる費用とトントンくらい。ギリ赤字を免れた程度です。1年目としては充分ですよ(自分に言い聞かせる)!

始めて良かったなあと思うのは公開初日に映画を観に行くようになったこと。これまではなんとなく評判がいいらしいな〜、おっともう公開終わりそうじゃん、となってからノコノコ出かけることが多かったのですが、「ブログに書く」という目的ができてから公開すぐに映画館に足を運ぶようになりました。情報をあまり入れずに映画を観て、他の人がどう思うか知らんけど〜って感じで勝手なレビューを書くのは思ってた以上に清々しいものでした。

アクセス数ベスト5

さて、今年1年の振り返りとして「1年間でアクセス数を集めた記事ベスト5」をまとめてみようかなと。1位は意外にも今年の公開作品じゃなかったりして面白い。では5位からいってみましょう〜!

5位 ゴジラ-1.0

kyoroko.com

自分的にはちょっと意外。こう言う大作は有名映画YouTuberさんや大物ブロガーさんたちがこぞって取り上げているんですよね。それなのにウチのような弱小ブログに、しかも正直ごく一般的な感想にしかならなかった文章を読みにきてくれる方がたくさんいたとは!感謝でございます。

4位 エクソシスト

kyoroko.com

記事にしたのは8月後半ですが11月くらいからじわじわとアクセスを集め気付いたら人気記事の一つに!公開中の「エクソシスト 信じる者」の高評価を受けてのことかと。来年はこういった「古典的名作」をもっとたくさん取り上げたいと思う次第。

3位 福田村事件

kyoroko.com

Google砲って言うんですか?Googleアプリを開くとその人の好みに合わせて勝手に出てくるサイト?ランダムに選択されるというアレに選ばれたらしく、アクセス数を集めました。記事中でも書きましたが、題材にしているのは重い問題ですが辛気臭い系ではなく、ちゃんと面白い映画作品になっています。さすがです。

2位 殺人の追憶

kyoroko.com

「観た後検索したくなる映画」ってあると思います。その代表作の一つ「殺人の追憶」。かなり好きな映画なもんで書きたいことが多すぎてとっ散らかっており、お恥ずかしい…。ワタシの感想、実際にあった事件のこと、韓国映画の魅力など幕の内弁当のごとくいろいろ詰め込んであるので、どこかが誰かにひっかかっての2位ではないかと。

1位 さがす

kyoroko.com

一番はじめに書いて一番何度もリライトした記事です。こちらもまた「観た後検索したくなる映画」だと思います。映画ブログは「作品名 考察」で検索してくる方が多いのですが「『考察』って何だろう…?」と悩んだ結果、自分だったらこういうのが読みたい!ということを書きました。

まあ結局「ワタシはただの映画好き一般人だからこの解釈が正しいとは限らないけど」という但し書きをチラチラさせつつ「こういう風に考察したよ!」と書く以外ないよなあ〜ってとこに落ち着いたってとこです。

さて、今年ここまでお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございます。来年も引き続きよろしくお願いいたします〜!良いお年を!イエイ!