映画ごときで人生は変わらない

感想と考察が入り混じる映画レビューブログ。うっすらネタバレあり。週1〜2回更新中!

【フラガール】泣ける爽やか作品!老若男女万人におすすめの一本


フラガール [Blu-ray]

基本情報

公開年:2006年

監督:李相日(他監督作品:悪人 怒り 流浪の月)

脚本:李相日 羽原大介

キャスト:松雪泰子(平山まどか) 岸部一徳(吉本紀夫) 蒼井優(谷川紀美子) 山崎静代/南海キャンディーズのしずちゃん(熊野小百合) 豊川悦司(紀美子の兄、洋二朗)紀美子の兄

上映時間:120分

あらすじ

<以下、DVD紹介文より引用>

昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱のまちを救うため、北国をハワイに変えるという、起死回生のプロジェクトが持ち上がった!目玉となるのはフラダンスショー。誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教えるため、東京からダンサーがやってきた。最初は嫌々ながら教える彼女だったが、生きるためにひたむきに踊る少女たちの姿に、いつしか忘れかけていた情熱を思い出してゆく。しかし世間の風当たりはつめたく、教える相手はドシロウト。果たして常夏の楽園は誕生するのか?オープンの日は迎えられるのか!?

前回「映画を観ない人のことを考えてみた」という文章を書きましてね、以来頼まれてもないのに「映画を観ない人におすすめできる最強の一本ってなんだろう?」と考えてまして。やっぱみんな大好き「バック・トゥ・ザ・フューチャー」かしら?(すでに書いてます)

kyoroko.com

いや、わかりやすい名作「ショーシャンクの空に」ですかね?う〜ん、映画を見慣れてない人に洋画は難しいかあ。とはいっても「トトロ」とか「ラピュタ」観てない人はさすがにいなそうだなあ、とかね。そんで辿り着いたのが「フラガール」ですよ。どうです?なかなかいい選択だと思いません?!大ヒット作でもあり、その年のキネ旬1位と玄人からの評価も高い。上映時間は長くもなく短くもなくきっかり2時間。テレビ放映も何度かされているけどジブリほど大量投下されていないので観てない方も多かろうて。さて、ではどこがおすすめポイントか?ワタシなりに考えた3点をご紹介します〜。

おすすめポイント① 実話である

正確には実話を元にした創作です。意外にも原作はなくオリジナル。昭和40年福島県いわき市の常磐炭田が舞台です。昭和の始めまでエネルギー源の主役といえば石油ではなく石炭でした。炭鉱の街は大いに賑わったものですが第二次大戦後急速に衰退。常磐炭田もまたリストラの嵐が吹き荒れていました。その衰退する街をなんとか救おうと編み出された突飛なアイデアが「常磐にハワイを作る」というもの。地熱と温泉を利用し、水と室内を温めて一年中常夏の気温が楽しめるレジャー施設建設を計画したのです。そしてハワイといえばフラダンス。炭鉱の娘たちにダンスを覚えさせ披露させたら目玉になるのでは?ってなわけ。

この話、「プロジェクトX」で常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)ができるまでという回があったそうですが、それを偶然観ていた同作のプロデューサーが「これは映画になる!」とすぐさま取材を敢行、主人公をハワイアンセンター社長から、炭鉱の女性たちに変えて作られたのだとか。

話はそれますが、寂れゆく炭鉱の町って物語の舞台として実にそそられるものがあります。イギリスでも「フル・モンティ」「ブラス!」など炭鉱町の衰退から復興を描いた映画があるし、ホラーにもぴったりなので「残穢」(思い出すだけでコワイよ〜!)にも少し出てくるし、未見ですが2012年のアメリカ・カナダ・フランス合作ホラー「トールマン」も炭鉱の町が舞台だそうな。

閑話休題。

フラガールで描かれるのは、栄光と繁栄の日々から失墜し、プライドがズタズタになっても生き残るために変わらざるを得ない人々の葛藤です。昭和の時代、日本のあちこちの炭鉱の町で実際にあったことだからこそ胸に響くのでしょう。

おすすめポイント②お馴染み実力派が勢揃い!

キャスト欄を見てみましょう。松雪泰子、蒼井優、岸部一徳、しずちゃん、トヨエツ、富司純子、高橋克己…。顔と名前が一致するおなじみの実力派ばかり。映画を見慣れていない方にもとっつきやすいと思うんですが、どうでっしゃろね?!役者さんみな素晴らしいですが、どの作品でも素晴らしい伸びやかな蒼井優さんと、粗暴な肉体労働者のトヨエツにぐっときてしまいましたよ、ワタシは。

ちなみにこの作品で大抜擢された南海キャンディーズのしずちゃんはほぼ演技未経験。相方の山ちゃんは、ますますしずちゃんばかりが注目される!という嫉妬から、当初この話を「断ってくれ!」とマネージャーに言ったのだとか。しかししずちゃんが出演した結果蒼井優さんと親友になり、山ちゃんを紹介してあげたところやがて2人は結婚…となったので運命というのはわからんものですな。

おすすめポイント③ 泣ける!!

シンプルに泣けます。主人公は落ちぶれて炭鉱町にやってきたダンスの先生平山まどか(松雪泰子)であり、男が主役の閉塞の町で生きていた少女紀美子(蒼井優)であり、急速な変化を前にとまどう町の人々です。きっと誰かに感情移入できます。そしてとても爽やかな気分になる。…って今改めて書いてみて思ったんですけどホントいい映画ですね、これ。老若男女誰にでも素直におすすめできる一本です。我ながらいいチョイスやん!

人生変わった度

★★★

また観たくなってきた…!

 

アマプラではプライム会員特典(アマゾンプライム会員になっていれば無料のやつ)で観られます。※ちなみにアマゾンプライム会員は現在月額500円。8/24以降の引き落としからは値上げのため600円になります。はじめの1ヶ月無料体験もあるよ!

アマゾンプライムは30日間無料体験できます。申込はこちら。

フラガール

フラガール

  • 松雪泰子
Amazon

アマプラ値上げについては次回書こうと思ってます〜

炭鉱事故がキーポイントになるホラー「残穢」。怖いです、本当に怖い。そして面白い!