映画ごときで人生は変わらない

映画大好き中年主婦KYOROKOの感想と考察が入り混じるレビュー。うっすらネタバレあり。週1〜2回更新中!

【桐島、部活やめるってよ】ネタバレ感想とラストの意味/グロシーンで号泣の大名作


桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]

基本情報

公開年:2012年

監督:吉田八大

キャスト:神木隆之介(前田 涼也/映画部)橋本愛(東原 かすみ/バドミントン部)

東出昌大(菊池 宏樹/野球部)山本美月(飯田 梨紗)松岡茉優(野崎 沙奈)

上映時間:103分

あらすじ

<以下、公式サイトより引用>

ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター"桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと。彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、退部に大きな影響を受けるバレーボール部の部員たちはもちろんのこと、桐島と同様に学校内ヒエラルキーの“上"に属する生徒たち、そして直接的には桐島と関係のない“下"に属する生徒まで、 あらゆる部活、クラスの人間関係が静かに変化していく。校内の人間関係に緊張感が張りつめる中、桐島に一番遠い存在だった“下"に属する映画部前田が動きだし、物語は思わぬ方向へ展開していく。

この春、姪っ子が高校生になるんですわ。桜の下、手を振りながら小走りでやってくる姿を観て「あの小さかった子が…」と目頭が熱く…なるほど面倒を見てきてないんで、かわりにこの映画のことを思い出しました。

2012年、国内映画賞を総なめした青春映画の傑作です。TSUTAYAで一週間レンタルをした間に5回リピートしたほど気に入りました。高校2年生のとある1日を「陰キャの映画部男子」「イケてる男子」「イケてる女子」「スクールカースト真ん中ちょっと上にいるバド部女子」「若干下めの吹奏楽部女子」などそれぞれの視点で、そのピラミッドのバランスが微妙に崩れる瞬間を鮮やかに切り取っています。

って、今さらワタシが何か言えることなどない名作ですが好きなんで語らせてくださいー。

見どころ3つ

何しろ役者が素晴らしい!

神木隆之介さんをはじめ、いつも一緒にいる映画部の友達役の前野朋哉さん、普段は空気を読んで友達と合わせてるけど多分「本当の自分」を持っているバド部の橋本愛さん、そして桐島の友人で「イケてる男子」の東出昌大さん、バレー部の「イケてない」仲野大賀さん、真摯にスカウトを待っている野球部のキャプテン、高橋周平さん。もう全員名前を挙げたくなるほどすばらしい。中でも光るのが学年1のイケてる女子山本美月さんの友人、紗奈役の松岡茉優さん。「友人」と書きましたけど、良くいる「力のある人間(学内ナンバーワンの美女)の脇にいてその威光をカサに着るイケ好かないヤツ」です。この紗奈役があまりにもハマっていたため松岡茉優さん自体を嫌いになりました。いや、今でも若干嫌いなくらいですわ。(褒めてますよ?)

グロシーンでまさかの号泣

ラスト近くのシークエンスです。映画のハイライトを飾るにふさわしいこの場面、見るたびに号泣します。どんなシーンかと言いますと、陰キャの映画部の連中が屋上でゾンビ映画を撮影しているんですよ。そこへ「桐島がオレらに何も言わずに部活を辞めた」ことに感情がいっぱいいっぱいになっている陽キャの生徒たちが乱入して撮影をぶち壊します。監督の神木くん、映画部員たちに「こいつらを喰い殺せ!」と命じます。神木くんが回すカメラの中では美少女橋本愛さんがゾンビに首を喰われ、鮮血が飛び散る…という。その後の東出くんが少しだけ泣くところまで合わせて好きです。

しかしゾンビが出てくるとこで泣くとはね…。そのおかしさも相まって観る人に忘れられない感情を刻むんです。ああ、思い出すだけで胸がぎゅーっとなりますわ…。

余韻の残るラスト

この作品(小説も含め)よく語られる「桐島=神」説。確かにタイトルになっているのに最後まで出てこない桐島は「ゴドーを待ちながら」のゴドーと同じですね。映画のラスト、東出くん(桐島の友人の菊池)は桐島に電話をかけます。そのコールが鳴り響くまま映画は終わり、桐島が電話に出たのか出ないのかは分かりません。まあどちらでもいいんですよね、「菊池が桐島に電話をした」という行為が重要なのですから。勝手な想像をするなら、桐島は電話に出ず、それでも菊池は留守電に長い一人語りを残すのではないでしょうか。神は沈黙するものですからね…(by 遠藤周作)

(2024/5/11訂正:最後、見返したら電話のコール音は途中から野球部の練習の音にかきけされていました。野球部の練習風景を遠くから見ている菊池。このラストも今、菊池がいかに切実に桐島=神を求めているかがよく分かるシーンです。かっこよくて頭も運動神経も良くて何でもできる菊池には熱中できることが何もありません。その虚しさに涙した時、同じタイプででも自分より先に一歩を踏み出した桐島に助けを求めたのですね…)

この作品、全体的にセリフは少なく人物の目線で複雑な感情を表現しています。最初のほうの教室のシーンで、吹奏楽部女子の目線とちょっとした動きだけで東出くんに恋していることが分かる数カットの流れがとても好きです。

人生変わった度

★★★★★★★

103分の中に映画の素晴らしさがみちみちに詰まってる!

Amazonプライムビデオで見られます〜。

アマゾンプライムは30日間無料体験できます。申込はこちら。

 

芥川賞受賞の原作本はこちら。